【雲母/印象派 ペイント系】

印象派 ロングウォレット  ブルー
印象派 ロングウォレット  ブルー
青の濃淡に想像を膨らませて気落ちにならないよう、金色でアクセントを。 広い大海原に飛び込んで水中から見上げた景色。 太陽の光を反射してキラキラと輝く波間。光溢れる爽やかな情景を「所作」に描きました。 まるで印象派の絵画のような淡い雰囲気漂うロングウォレット。 白牛革をキャンバスに見立て施されたアーティスティックなペイントは1点ずつ職人により描かれております。 スタイル問わず絵画が好きなあなたに。 所作を通して芸術に触れてみられませんか。 レザー:牛革 カラー:ムラ染めによるパステル調ブルー(メインカラー) 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2.2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 26,000
印象派 ショートウォレット1.0 ピンク・バイオレット
印象派 ショートウォレット1.0 ピンク・バイオレット
◆印象派ピンク 平原に広がる色とりどりの花々が 太陽の光をいっぱいに浴びて キラキラと輝いて見える そんな光溢れる穏やかな情景を「所作」に描く。 ◆印象派バイオレット(青紫) 印象派の絵画のような淡い雰囲気漂う。 紫がかった青色にランダムに入った光沢ある ゴールドペイント。淡く華やかな色彩は心を明るく そして穏やかにしてくれそうです。 色が重なる箇所はまた違った色に見えて、使うと さらに色が増える、魅力溢れる印象派”所作”。 絵画が好きなあなたに。 レザー:牛革(キップ) カラー:印象派ピンク、印象派バイレット 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W14 × H10 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×4  ※カードスリット裏にクレジットカード厚で約5枚収納可能 ◆How to use◆  ショートウォレット1.0 https://www.youtube.com/watch?v=WBSNSRS_hdg 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 20,000
印象派 コインケース ピンク・バイオレット
印象派 コインケース ピンク・バイオレット
◆印象派ピンク 平原に広がる色とりどりの花々が 太陽の光をいっぱいに浴びて キラキラと輝いて見える そんな光溢れる穏やかな情景を「所作」に描く。 ◆印象派バイオレット(青紫) 印象派の絵画のような淡い雰囲気漂う。 紫がかった青色にランダムに入った光沢ある ゴールドペイント。淡く華やかな色彩は心を明るく そして穏やかにしてくれそうです。 色が重なる箇所はまた違った色に見えて、使うと さらに色が増える、魅力溢れる印象派”所作”。 絵画が好きなあなたに。 レザー:牛革(キップ) カラー:印象派ピンク、印象派バイレット 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W12 × H7 × D1.8 ㎝ 収納 : コインポケット×1/カードポケット×3 ◆How to use◆ コインケース https://www.youtube.com/watch?v=gLeJXVV5SNY&feature=youtu.be 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 13,000
印象派 カードケース ピンク・バイオレット
印象派 カードケース ピンク・バイオレット
◆印象派ピンク 平原に広がる色とりどりの花々が 太陽の光をいっぱいに浴びて キラキラと輝いて見える そんな光溢れる穏やかな情景を「所作」に描く。 ◆印象派バイオレット(青紫) 印象派の絵画のような淡い雰囲気漂う。 紫がかった青色にランダムに入った光沢ある ゴールドペイント。淡く華やかな色彩は心を明るく そして穏やかにしてくれそうです。 色が重なる箇所はまた違った色に見えて、使うと さらに色が増える、魅力溢れる印象派”所作”。 絵画が好きなあなたに。 レザー:牛革(キップ) カラー:印象派ピンク、印象派バイレット 革の硬さ:★★★★☆ W12 × H6.5 × D1.8 ㎝ 収 納:カードポケット×2 ※名刺厚によりますが、約30枚収納可能 ◆How to use◆ カードケース https://www.youtube.com/watch?v=hwJQ8mlYo_Q&feature=youtu.be 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 11,000
【予約ページ】〜次回3月末頃入荷予定 雲母 ロングウォレット 紫苑 
【予約ページ】〜次回3月末頃入荷予定 雲母 ロングウォレット 紫苑 
【雲母(きらら) 】 『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 レザー:牛革 カラー:ネイビー 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2.4 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 26,000 SOLD OUT
【予約ページ】4月上旬頃の入荷予定 雲母 ロングウォレット 橘 
【予約ページ】4月上旬頃の入荷予定 雲母 ロングウォレット 橘 
[予約商品] 【雲母(きらら) 】 『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 レザー:牛革 カラー:キャメル 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2.4 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938
¥ 26,000
雲母 ロングウォレット 撫子
雲母 ロングウォレット 撫子
【雲母(きらら) 】 『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 革:牛革 カラー:レッド 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2.4 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 26,000
雲母 ロングウォレット 蓬(よもぎ)
雲母 ロングウォレット 蓬(よもぎ)
【雲母(きらら) 】 『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 革:牛革 カラー:グリーン 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2.4 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 26,000
雲母 ショートウォレット1.0 
雲母 ショートウォレット1.0 
【雲母(きらら) 】 『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 革:牛革 カラー:ブラック、ネイビー、キャメル、レッド、グリーン 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W14 × H10 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×4  ※カードスリット裏にクレジットカード厚で約5枚収納可能 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆  ショートウォレット1.0 https://www.youtube.com/watch?v=WBSNSRS_hdg
¥ 20,000
雲母 ショートウォレット2.0 松重、紫苑、橘、撫子、蓬
雲母 ショートウォレット2.0 松重、紫苑、橘、撫子、蓬
『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 革:牛革 カラー:ブラック、ネイビー、キャメル、レッド、グリーン 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W10 × H12 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×6 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ ショートウォレット2.0 https://www.youtube.com/watch?v=MWsbTFazV7M&feature=youtu.be
¥ 20,000
雲母 コインケース 松重、紫苑、撫子、蓬、橘
雲母 コインケース 松重、紫苑、撫子、蓬、橘
『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 ◆制作風景の紹介◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 革:牛革 カラー:ブラック、レッド、ネイビー、グリーン、キャメル 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W12 × H7 × D2 ㎝ 収納 : コインポケット×1/カードポケット×3 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ コインケース https://www.youtube.com/watch?v=gLeJXVV5SNY&feature=youtu.be
¥ 13,000
雲母 カードケース 松重、紫苑、橘、蓬
雲母 カードケース 松重、紫苑、橘、蓬
『雲母』とは鉱物のひとつ 粉末にしたものをキラと呼び、 光を反射してキラキラと輝くことから、雲母(うんも)をキラ、キララと呼ぶ。 日本画の技法では、顔料と混ぜて光沢を持たせた絵の具として用いられる。 さらに 日本文化のなかで独特なものの一つに『重色目』(かさねのいろめ)と呼ばれる配色法があり これは衣服の表地と裏地の色を違え、二色の組み合わせを楽しむというもの。平安時代以降の貴族階級の間で行われ、公家の人々の服飾には欠かせないものとして近世まで伝えられてきています。 移り変わる季節の彩りを、身近な衣服に移しとって楽しみ、自らを美しく飾るという工夫。 自然の美を洗練された染織品や造形として身に纏う美意識を培う。 「雲母」と「重色目」にインスピレーションを得たシリーズ。 ※表面の金色部分は個々によって表情が異なります。予めご了承下さい。 革:牛革 カラー:ブラック、ネイビー、キャメル、グリーン 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W12 × H6.5 × D1.8 ㎝ 収 納:カードポケット×2 ※名刺厚によりますが、約30枚収納可能 ◆雲母シリーズのペイント紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/13/162938 ◆How to use◆ カードケース https://www.youtube.com/watch?v=hwJQ8mlYo_Q&feature=youtu.be
¥ 11,000
等伯  ロングウォレット
等伯  ロングウォレット
屏風が持つ厳かな静けさを所作のキャンバスに描く。 ※一点一点手塗りによる制作、模様は全て異なります -- ”等伯”シリーズ 桃山時代を代表する絵師である長谷川等伯の国宝『松林図屏風』に インスピレーションを受け 手塗りで1点1点仕上げています。 思い切った派手さはないものの 深みのある渋さは、背景ならびに屏風、日本の伝統まで感じさせられるようで ある意味、芸術品のようです。 ペイントと言えど、色落ち・色移りの心配はなく、 さらに渋みが増し、光沢と深みのある艶やかさを楽しめます。 “等伯”の制作背景もご覧くださいませ。 https://www.shosa.tokyo/blog/2019/07/30/114957 レザー:牛革 カラー:両面オリジナルペイント 革の硬さ:★★★★☆ サイズ:W19 × H10 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo 【所作】 “お金を包む”動作自体をデザイン 結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。 布を広げていく手の動き。 古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。 優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ 凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は 日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれます。
¥ 26,000
〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp