Blog

2015/07/31 20:12

水を見ると入りたくなる、うだるような暑さですね。
爽やかブルーを空に、地には濃い影を映す太陽の元気さ。



光と影。・・・
一色で光と影が織りなす画といえば、水墨画ですが

所作クラッチにおける 定番の黒と もう一つの "黒" 、それは
"革の水墨画" と表現できる、バッファローレザー。


仕立てたクラッチバッグは財布に比べて使う革の面積が広いため、
皮のゆるみがシワなどの表情となって現れる "トラ" や
血管の跡である "血筋" の模様が より楽しめるものに。

自然の革である証、個性を積極的に感じたい人へのブラックです^^


使っていくと黒味が茶味がかって濃くなり、初めて手にしたときからは
自分色も足されて、自然との共作 "水墨画" が♪



バッファローレザーの経年変化様子も 下記にて実際に ご覧いただけます。

【No,No,Yes! Leather Tailor Tokyo】
Open : 15:15〜19:19
定休日 : 月曜・火曜
*上記以外ご来店希望の方はアポイントお願いします。
A : 渋谷区千駄ヶ谷1-21-5 松村ビル1F
T:03-3408-2706
M: tokyo@nonoyes.co.jp

〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp