ロングウォレット

【オンラインショップ限定】青竜2024 ロングウォレット 青竜×ブラック
【オンラインショップ限定】青竜2024 ロングウォレット 青竜×ブラック
「昇り竜の追加」「柄行きのリマスター」を施した2024年辰年版の青竜。 くらやみの中 青い流れと やさしい灯り いつもを幻想的に。 __________________ ✔️ 青竜は 生命力に溢れ、パワフルなことから、運気を好転させて開運を導き、金運と富、成功を呼び込むと信じられています。災いを振り払って守り、幸運をもたらす聖獣なのです。 試験前、勝負前など げん担ぎや心のよりどころに。 青竜、朱雀、白虎、玄武と いろいろな引用をされていることから、聞き覚えのある方も多いことかと思います。 これは中国の神話に登場する4人の神様のこと、であり 〜中略〜 下記リンクのブログでご紹介しております。 ブ ロ グ : https://www.shosa.tokyo/blog/2022/10/03/173232 レ ザ ー :牛革 革の硬さ:★★★☆☆ サ イ ズ :W19 × H10 × D2 ㎝ 収  納 :コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 刻 印 色 : ゴールド ※柄行きはひとつひとつ異なります ※長年の使用で少しずつペイント部分は剥がれることはありますが、使ってすぐ落ちてくるものではございません   ✔️ 色名 ブラック×青竜 → 正面がブラック×開くと青竜柄 青竜×ブラック → 正面が青竜柄×開くとブラックの裏地    
¥31,000
アトランティックサーモン ロングウォレット
アトランティックサーモン ロングウォレット
「なんの革でしょう?」と思わず、言いたくなる"世界に4本”のフィッシュレザー"サーモン"の所作です。 北欧大西洋の波に揉まれた野生味がある天然のウロコ模様。紺色から白い色へのグラデーションが美しい、まさに自然のデザインです。 手触りはフィルムに覆われているため、ツルッとしています。独特のテカリ(光沢)があるためか、ほんのり涼し気にも見えます。 サーモン革の形や大きさにより、ひとつひとつパーツを吟味し、12匹のサーモンを真っ直ぐではないストライプにしています。それだけで、とても洗練された印象に。 パッと見ただけでは、魚の革とはわかりませんが、ついつい説明して語りたくなる魅力です。 __________________ ✔️ フィッシュレザー 廃棄される魚の皮をアップサイクル(想像的再利用)。未来へ向けた取り組みのひとつ、です。 ✔️ 表が魚革、裏が牛革 約1mmの厚みの貼り合わせを行なっています。魚の革とは思えない少し硬めと厚みのある使い心地です。特に斜めに継ぐ方法は圧巻です。 詳しくはこちらへ https://www.shosa.tokyo/blog/2023/08/04/170356 ✔️ シルバー925 正面につくブランドタグは通常シリーズに用いる真鍮タグにシルバーコーティングを施しております。(メッキ) ✔️ 経年変化 魚革は未知なことが少なくありませんが、フィルム加工を施し、経年によるウロコ剥がれを予防しています。見た目の変化はありませんが、少しずつ柔らかくなっていきます。 ✔️ 通常シリーズとの違い 使い勝手、使い心地に差はなく、魚の匂いもありません。少しハリがあります(しっかりしている)。 ブ ロ グ : https://www.shosa.tokyo/blog/2023/08/04/170356 レ ザ ー :魚(サーモン)革 / 牛革 革の硬さ:★★★★★ サ イ ズ :W19 × H10 × D2 ㎝ 収  納 :コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 刻 印 色 : シルバー  
¥110,000
アトランティックサーモン ロングウォレット
アトランティックサーモン ロングウォレット
「なんの革でしょう?」と思わず、言いたくなる"世界に4本”のフィッシュレザー"サーモン"の所作です。 北欧大西洋の波に揉まれた野生味がある天然のウロコ模様。紺色から白い色へのグラデーションが美しい、まさに自然のデザインです。 手触りはフィルムに覆われているため、ツルッとしています。独特のテカリ(光沢)があるためか、ほんのり涼し気にも見えます。 サーモン革の形や大きさにより、ひとつひとつパーツを吟味し、12匹のサーモンを真っ直ぐではないストライプにしています。それだけで、とても洗練された印象に。 パッと見ただけでは、魚の革とはわかりませんが、ついつい説明して語りたくなる魅力です。 __________________ ✔️ フィッシュレザー 廃棄される魚の皮をアップサイクル(想像的再利用)。未来へ向けた取り組みのひとつ、です。 ✔️ 表が魚革、裏が牛革 約1mmの厚みの貼り合わせを行なっています。魚の革とは思えない少し硬めと厚みのある使い心地です。特に斜めに継ぐ方法は圧巻です。 詳しくはこちらへ https://www.shosa.tokyo/blog/2023/08/04/170356 ✔️ シルバー925 正面につくブランドタグは通常シリーズに用いる真鍮タグにシルバーコーティングを施しております。(メッキ) ✔️ 経年変化 魚革は未知なことが少なくありませんが、フィルム加工を施し、経年によるウロコ剥がれを予防しています。見た目の変化はありませんが、少しずつ柔らかくなっていきます。 ✔️ 通常シリーズとの違い 使い勝手、使い心地に差はなく、魚の匂いもありません。少しハリがあります(しっかりしている)。 ブ ロ グ : https://www.shosa.tokyo/blog/2023/08/04/170356 レ ザ ー :魚(サーモン)革 / 牛革 革の硬さ:★★★★★ サ イ ズ :W19 × H10 × D2 ㎝ 収  納 :コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 刻 印 色 : シルバー  
¥110,000
ブライドル ロングウォレット ブラック&バーガンディ
ブライドル ロングウォレット ブラック&バーガンディ
変化を感じて、長くじっくり使い込める革 表面の白い模様は蝋引きによるもので、使い込むことで 少しずつ取れていきます。 地の革色がのぞくようになり、光沢増して色濃く育ちます。 最初の雰囲気を忘れてしまう程に経年変化が楽しめ、 かつ柔らかくなりすぎないので安心して育てられるのもポイント。 ◆経年変化 紹介ブログ◆ https://www.shosa.tokyo/blog/2019/09/03/183712 ◆How to use◆ ロングウォレット https://www.youtube.com/watch?v=77Aj5kNxbTo レザー : ホワイトワックスヌメ革 カラー:ブラック、バーガンディ 革の硬さ:★★★★★ 刻 印 色 : シルバー サイズ:W19 × H10 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8 ◯ブライドル 加工の特徴◯ 表面の白い模様は革の蝋引き加工によるもので 使い込むことで、少しずつ取れていきます。 加工の特徴として 冬場や、気温の低いところで保管していた場合 白い粉(ブルーム)を吹く場合がございます。 革の内部に浸透していた蝋の成分が冷えたことにより 浮き上がってくる現象です。 布で拭き取ってもらえれば簡単に除去できます。 蝋(ロウ)がとれてから、さらに地革の経年変化を楽しめます。
¥28,000
姫路白なめし cowskin ロングウォレット
姫路白なめし cowskin ロングウォレット
白鷺城(姫路城)を中心に、革の生産地として1000年以上もの歴史を持つ「姫路」の伝統産業として名高い白なめし革。 使用するのは姫路の「水」「塩」「菜種油」「日光」のみ。薬品を一切使わず鞣す、世界的にも類を見ない独特の製法を用います。 1000年前に同じ技法で造られた足袋が形を残し、正倉院に現存しているほどに耐久性は折り紙つきです。(柔らかくて、強い素材) ※白なめし=色が白ではございません(この薄いベージュ系の色が、本来の牛の肌色) __________     かつては姫路を流れる「市川(いちかわ)」の水に浸けて脱毛し、手足で鞣していました。 現代では、環境の問題もあり製法は変わっていますが、特別な鞣しの手法でその堅牢性としなやかさが両立する製法は引き継がれ、その特性を活かして剣道の道具の素材としても利用されています。(戦国時代には武将の甲冑や馬具にも使われている) 姫路だけでつくられる“白なめし”革は、漂白・染色せずともナチュラルな白さがあり、日光に当たるとさらに白さが増すという特徴を持っています。 手の中に息づく歴史と伝統。 姫路が誇る伝統製法「白鞣し」革で仕立てた所作。 レザー:牛革 カラー:ミルキーホワイト 革の硬さ:★★☆☆☆ サイズ:W19 × H10 × D2 ㎝ 収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8    
¥70,000
所作 Shosa
〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO
※オンラインショップ運営元住所です 直営店舗はこちら
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp