blog

2019/06/17 18:19



所作 印象派



>>



こんにちは。


私事
休日は美術館、映画館、本屋をまわることが多く
(我ながら体育会系です)
神戸は、兵庫県立美術館によく行きます。








印象派といえば、

印象主義とも言い、19世紀後半にフランスで発生した芸術活動のこと。
当時パリで活躍していた画家たちのグループを起源としている云々

云々、定義はさておいて


ただいまアンリ・ルソーの虜である筆者は、絵を家に飾る気持ちがわかる年頃になりました。
ふわっとしたアート、として接していたのが
歴史を知ることにより随分と見え方が変わりました。


絵に惹かれること
背景を知ること


卵がさきで鶏があとで〜のような話かもしれませんが
結果であっても過程であっても
背景を知ることができるのは、とても素晴らしいことだと思う。









背景?とまではいきませんが・・・

所作印象派シリーズの最初の革色です。

一つ一つ、表に、裏に
手で描かれている印象派。
最初からある模様ではなく、一つ一つ描かれる模様。


残念ながら
ブルーの紆余曲折あったストーリーの掲載はNG出ましたが笑
明るい気持ちになりたかったようです。

“Blue Experience”








意外にもペイントは落ちず、
地の革色とともに育っていきます。


霞んだカラフルな彩りは人目をひき、気分良くなりそうですね。

みなさまにとっての印象派、良い出会いがありますように。


では、また。







在庫がある商品は注文確定後の翌日お届けの発送を心がけております(16時頃までの当日受付)。
土日祝日を挟む場合は翌営業日の発送となる場合がございますことご留意くださいませ。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

お客様からいただく「よくある質問」を購入前にご確認ください