Blog

2019/06/17 18:19



所作 印象派



>>



こんにちは。


私事
休日は美術館、映画館、本屋をまわることが多く
(我ながら体育会系です)
神戸は、兵庫県立美術館によく行きます。








印象派といえば、

印象主義とも言い、19世紀後半にフランスで発生した芸術活動のこと。
当時パリで活躍していた画家たちのグループを起源としている云々

云々、定義はさておいて


ただいまアンリ・ルソーの虜である筆者は、絵を家に飾る気持ちがわかる年頃になりました。
ふわっとしたアート、として接していたのが
歴史を知ることにより随分と見え方が変わりました。


絵に惹かれること
背景を知ること


卵がさきで鶏があとで〜のような話かもしれませんが
結果であっても過程であっても
背景を知ることができるのは、とても素晴らしいことだと思う。









背景?とまではいきませんが・・・

所作印象派シリーズの最初の革色です。

一つ一つ、表に、裏に
手で描かれている印象派。
最初からある模様ではなく、一つ一つ描かれる模様。


残念ながら
ブルーの紆余曲折あったストーリーの掲載はNG出ましたが笑
明るい気持ちになりたかったようです。

“Blue Experience”








意外にもペイントは落ちず、
地の革色とともに育っていきます。


霞んだカラフルな彩りは人目をひき、気分良くなりそうですね。

みなさまにとっての印象派、良い出会いがありますように。


では、また。







〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp