blog

2019/06/21 20:39






結婚式場で、人々が袱紗から祝儀を取り出す風景。
布を広げていく手の動き。


古来から受け継がれる袱紗は、相手への心遣いで使われる。


優雅な手の動き、その美しい動作のカタチ


サイフを布のように扱い、“お金を包む”動作自体をデザインしたのが「所作」


凛とした立ち居振る舞いの美しく、自然な動作は
日常的なお金を使う動作を意識させられ、持ち人の品まで高めてくれるようだ。




起源



>>




約10年前だろうか。


所作というプロダクトに初めて触れ、いわゆる「売る」立場であった筆者は
イエスノー賛否両論はっきりとした、売り難いモノとして捉えていた。


使いにくい

よくわからん

なにこれ


そんなはじまりであったと記憶している。
(ノー、否の記憶が鮮明)

SNSなんて言葉すらない、通販なんて電話をかける時代



今、所作に感じるのは「ホンモノ」であること。

これは10年後だからこそ、思うのかもしれませんが

時代を経ても、記憶ではなく

存在すること

現代的かつ魅力的であり続けること

貴重に過ぎると思うのです。




「完成は、付加すべき何ものもなくなったときではなく、除去すべき何ものもなくなったとき、達せられる」
『星の王子さま』の原作者であり、飛行士だったサン=テグジュペリの言葉。

この言葉がしっくりとくるこの頃です。 



そんな導入から
アトリエでの背景、ストーリーをご紹介していければ幸いです。




では、また。


nonoyes_shosa

インスタグラムでも紹介していきますね。




在庫がある商品は注文確定後の翌日お届けの発送を心がけております(16時頃までの当日受付)。
土日祝日を挟む場合は翌営業日の発送となる場合がございますことご留意くださいませ。

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

お客様からいただく「よくある質問」を購入前にご確認ください