Blog

2020/12/16 21:39




今年も残すところ2週間。


あの2020年もわずか。




年内発送は27日(日)の午前までにご注文分、以降は年明け1月6日(水)より発送開始いたします。





思い起こせば、特殊な1年となりました。


(そんな簡単な言葉では済ますべきではないのでしょうが・・・)





ここ

姫路STUDIOでは、年末の空気感はなく

ささやかながらにクリスマスの空気を感じさせてもらっています。



ギフトシーズン

たくさんのご注文をいただき、とても嬉しく思います。




クリスマスに

ご用意できないものも出てきて、ご迷惑をおかけしつつある現状ですが




なんとか、がんばります。

(精神論で失礼)











手短に持論を。

→長くなったので、読み飛ばされる場合は最後までスクロールしてくださいね




個人的に

数年前から自分へのご褒美というのを与えています。



1年や2年ではないので、年末行事と言っても差し支えないです。



そもそも

迷ったら、買うの姿勢ではありますが

(金額的に買えなかったら迷わないですもんね。)


来年に向けた糧、自己投資なのです。




生活を豊かにしてくれるものを




ただ、

今年に関しては情報不足で粛々と細々としています。



いざ、年末。

さあどうしようってなるのは単に情報をとっていないということ。

そして欲の問題なのかもしれません。



例えば、プレゼントをあげようって思うと

やっぱりそれらしいことを調べていたり、アンテナを知らず張っていたりしますよね。



単純に今年はそれがないなあって。




考え、挙げるなら割と欲しいものってたくさん出てきます。


身近なものでは、テーブル、デスクとか




でもどんなテーブルなのか


足が一本なのか二本なのか、木がいいのかステンレスがいいのか。



想像すらできていないことに、本当に欲しいのか疑いたくなりました笑




こういうことってよくあることですよね。


探せばあるけれど、イメージがないってこと




欲しいものがあること、欲しいものって


自分の根拠なのかもしれない。




だからこそ、普段からの行動が未来に生きるって思います。




思うことは


今調子が良いのは、去年努力したことや半年前の四苦八苦、先月の残業、など


なにも今がんばっているから今が良いって訳ではないってこと。




もちろん、人によりけりの努力の方向性は考えもので

結果が出ない努力は無意味だって、幻冬舎編集長の見城徹さんが述べていました。


たった一人の熱狂 見城徹 




さて、手短どころか


私事が長くなりましたが

(お読みいただきありがとうございます)





一粒万倍日も12月23日にあることですし



なにか始めるきっかけになる、自分を豊かにしてくれるご褒美を



未来の自分に贈りましょう。






僕たちは届けます。











ではでは




nakabayashi







〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp