Blog

2021/09/04 13:15



NY渡航ブログ第2話 


タイムズスクエアでワクチン接種を受けた翌日


副反応がなくて、MoMAを満喫した話




こんにちは。

2021年8月NY渡航ブログ全4話の第2話です。



--------------------------------------------------



ニューヨークに到着し、いよいよ初の新型コロナワクチン接種だ。まだ地元の自治体では打っていなかったのである。

現地エージェントが調べてくださり、1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソン製を受けられる場所に連れて行っていただく。予約なしで受けられることにまず驚く。

W 38th Stに在るホテルから歩いて向かうは、
20 Times Square。
「あの」タイムズスクエアだ。世界のショービジネスの中心地!

「このご時世、どのような状況だろう?」と思いつつ向かったが、そこらじゅう記念撮影をする人が多くいる。溢れんばかりの人!というほどではないけれど。
タイムズスクエア近辺でマスクをしている人は5割ほど、という印象。

頭上のネオンサインと、かぶりものキャラクターたちの横をすぎるうちに、着いた。





会場は2階。
エレベーターから降りると、受付まで進む。
他社のワクチンも選べたが、滞在日数上、私はJ&J製一択だ。
タブレットPCでフォームに入力を進めていく。名前、ID(私の場合はパスポート番号)、生年月日、メールアドレス、アレルギーの有無などなど。(性別欄が2択ではなく、少なくとも5は選択しがあることに多様性を実感)

入力5分も待つこともなく、いざ接種。
あっというま。
ワクチン接種歴カードをもらう。





「15分は向こうで座っててね」と、アナフィラキシーなど体調の変化がないか経過観察待機。
概況報告書に書かれる「531PM」。「17:31になったら帰っていい」ってことだ。



15分間変わりなく、ホテルに戻り安静に過ごす。
副反応が出ることを考慮して翌日も安静を、のはずだったが、お昼まで様子見するも想定外に元気。

というわけで、マンハッタンの中心でワクチン接種の巻は無事に終わる。

その午後からの時間、展示会までの自由時間はほぼ今しかない。
そして、なんせ私はMoMAに行きたい。
そこからネットでチケットを購入。





場所がミッドタウンという、ホテルに近いこともありがたかった。
これがニューヨーク近代美術館か!と目の当たりにできた。2019年10月に展示エリア拡張のため、さらなる改装が行われているだけあって、広い。
20万点をこえる数を誇るコレクション数...





午後からの入館ということ、元気といってもワクチン接種の翌日であること(念のため)を考慮して、
とりあえず全階回るとはいえ、「観たいものを観る」ことに焦点を絞った。

広いだけあるのか、やはり入館数が減っているためなのか、人の背中越しに見ることもなく、ゆったり観ることができた。





主に北側5階を楽しむ。
贅沢な空間使いの中、有名な作品の間を歩き回ったことはもちろん、
好きなシュルレアリスムで、これまで知らなかった画家をも知ることができ、満足だ。(ちなみにレオノーラ・キャリントン Leonora Carringtonレメディオス・ヴァロ Remedious Varo





帰り際にMoMAミュージアムストアとデザインストアに寄ることも忘れない。

デザインストアは建物の向かいにある。





MoMAデザインストアといえば、
弊社として過去に数回"所作ポップアップショップ"を出店の縁もあり、
本家ニューヨークのストアに来られたことは感慨深いものがあった...という話。

好きなアートの世界と、
仕事の分野が交わることは嬉しいもの。

本題に戻るが、結局ワクチン接種の翌日の夜。
じんわりと接種した部分が痛いような気がしないでもないという感じであった。
それ以降はまったく平常運転。

ちなみに、ホテルからMoMAまで歩くこと30分ほど。
この間に、PCRテストカーを3台見る。
フードトラック的に設けられている。お手軽感。




それでは次回、『NY NOW2021に出展する~新型コロナ以降初ジャビッツ・センターで展示会~』!


Tsubaki


NY渡航ブログ第3話は ▶▶▶ こちら


所作 Shosa
〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp