Blog

2020/04/07 00:00




『革の黒ダイヤ』と呼ばれる小さなダイヤの粒を散りばめたような美しさ。



日本古来の伝統技法である

『なめしの技術』と『漆塗りの技術』を融合させたのが

1923年創業、姫路タンナー“坂本商店”の誇る、姫路黒桟革(くろざんかく)。



姫路白革なめしに漆塗りを施した革。



漆は自然界最強の天然塗料と呼ばれ

摩擦に強く、道具の実用性を高め

その希少性や美しさから

黄金と並ぶ、権力を象徴する美として

日本人の生活に存在し続けていた。



現在では剣道の胴胸などの武道具に使われ、

戦国時代には、 大将クラスの甲冑に使われていたと言われる代物です。



以前紹介しました

姫路白なめし革とは異なり、国産黒毛和牛がベース

食肉加工過程の副産物として、余すことなく動物の皮を利用。



下地革をつくるところからはじめ

革と漆の相性、鞣しと漆塗り、それぞれの特性と物性を知り尽くし作製される


理想の漆革、黒桟革。








黒桟革の歴史的背景と

日本独自、独特な素材イメージから


“THE 日本の革”


とコンセプトし、姫路から世界へ発信。



2014年 香港APLFアワードMM&T展(素材展)にて日本人初のベストニューレザー部門グランプリを受賞


2016年 パリの国際的なファッション見本市「プルミエール・ヴィジョン」が主催するPVアワードで日本企業として初めてレザー部門で「ハンドル賞」を受賞


以降、海外ファッションウィークでの黒桟革を用いたブランド展示などなど


日本よりも

海外で先に評価を得ているような印象すら受ける。








漆器という言葉が代表的

漆と言えば、お椀を想像される方も多いだろう。



伝統的な行事で目にしたり、僕たちは何かしら無意識に漆に関わっている。


感覚的、視覚的な視点より語られることが多いが


そもそも

漆とは、一般的に漆の木の樹液を指す天然の塗料のことであり

木材や陶器と言ったベースに漆を塗ったものが漆器となる訳です。


その実、

漆の木は中国からきている説のある外来種の木。

*もともと日本に存在した説もあります


とは言っても

最古の漆を塗ったものとしては

縄文時代のものが見つかっており、9000年前から日本に存在するのだとか。


日本大陸の環境下では在来種と比べて弱い存在である外来種は

保護、管理しなければ生息することはできず


9000年前よりも、またはそれ以前よりも

日本人は管理、必要としてきた、ことになる。


芸術性の高いもの

というよりも

そもそもの用途として

塗料や接着剤など様々な用途で使われ

その丈夫さから自然界最強の天然塗料とも言われている。



実際に

縄文時代のものでも、矢の先を漆で接着した実用的なものであったり

漆で破損箇所を接着した器が見つかっているそうだ。



ある時代には

世界に漆=Japanと言わしめた芸術性はあったが

今では原材料のほとんどが海外。




世の流れとは

いつの間にか、あっという間に変わっていくものだ、と

改めて、思う。





*こちらは藍染工程。手間と時間を要するのだが、まだ下地。ここから漆塗りへ




姫路タンナー“坂本商店”


現在では3代目


一家相伝の漆の技術を先代より受け継ぎ、世界へ発信した御方。



誰もが知る某ブランドから

フランスの革で漆を〜などもバシッとNoと言ったそうで。


お話を伺っていると


ものづくりの楽しさ、ロマンを感じることができて

たびたび

サスティナブル(持続可能な)、エコなどのワードも出てきた。



姫路から世界へ


言葉では簡単に言えるが、簡単ではないことは自明の理。



常に「現代」での試行錯誤の創作を続けられている姿勢が素晴らしく

思います。




>>




ここ姫路市には、タンナーが集まっている一画、地区が存在する。



川沿いにあって


タイコといって革を回す木製の機械をよく見かける。

(稼働している、していないはおいといて)


昔ながらの革生産地として存在している。



だけれども

少々過去、のような

名残りに近いところもある。


あくまで個人的にそう思っただけですが。




いいものをつくる




それは当たり前で

単なる素材のハナシかもしれない。



手元にあるものが

何百年、何千年、何万年の歴史を感じられ

起源を識るような奥行きがある


それがまた、伝統を守ると言ってはおこがましい話なのですが


自国の伝統を受け継ぐ、ような感覚を持てるのは

大変にじわじわくる

素敵なことだと思います。


そんな坂本商店さんとの出会いにて。






所作 黒桟革 カードケース 黒&杜若(かきつばた)


カードケースのみ

先行リリース!


*先行販売分の価格のため、今後改定ございます


画像ではきっと伝わっていない表面の輝き。


不意に眺めるとキラキラしていて

『革の黒ダイヤ』って表現がわかる気がする。



いつの時代でも

身分を問わず誰もが憧れ、つくる人みる人の美意識を駆り立て

世代を超えて使い込まれた漆。


漆塗りと革の鞣し、漆と革


ぜひご堪能ください。








坂本商店特注 補色ケアクリーム(各色)


所作黒桟革をお使いの上、お困りの際はご相談ください。

長年の使用にも安心ですね。





*実際に黒桟革が用いられた甲冑。随所に用いられているのがわかりますね



所作黒桟革カードケース

No,No,Yes!直営店舗にてご覧いただけます。




それでは、また。



nakabayashi


〒670-0935 兵庫県姫路市北条口3丁目51 姫路LACビル1F
ノーノーイエス姫路STUDIO  
TEL: 079-280-1269
E-mail:shosa@nonoyes.co.jp